• トップページ

    気仙沼の漁師が愛した陸の味、
    港町のソウルフード
    「気仙沼ホルモン」

    当店のイチオシ商品

     

    気仙沼ホルモンのこだわり

    読み物

    気仙沼のソウルフード「気仙沼ホルモン」。
    港街の漁師の生活から生まれたこの味は気仙沼の誰もが認める陸の味です。
    海の街で生きる漁師は一度漁に出れば、船上で長い間を過ごします。


    船上での食生活は魚が中心のため、陸に戻った漁師たちは肉料理を求め、安くておいしい「ホルモン焼き」を好んで食べたとされています。
    その際に船上生活での野菜不足を解消するためにキャベツの千切りを添えて出したのが「気仙沼ホルモン」のはじまりとされています。

    >続きはこちら